--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-08-06(Thu)

母という存在

みなさんが子どもを産んでよかった!と思うことってなんでしょうか。

 赤ちゃんが初めて笑ってくれたとき、
 ママって呼んでくれたとき、
 よちよち歩いてこっちに来てくれたとき、
 ママ好きって言ってくれたとき、
 夜寝てる姿を見たとき、ほかにも色々ありますね!
 大変なことがものすっごく多いけど、でもやっぱり我が子はかわいいものです。
 
 
 私が子供を産んでよかったと思うのは、母が良く笑うようになったことです。

 
 え、そこなの?って思われる方もいらっしゃるかもしれません。自分でもちょっと不思議なんですが。

 私が小・中学生のころ、母はあまり笑わない人でした。
 平日母はパートに出ていて、とても忙しくしていました。
 父、姉、私を起こし、朝食と弁当を作り、二層式の洗濯機(後に全自動になりましたが)で
 白物と色物を分けて洗濯して干し、
 掃除機をかけてから仕事に行っていたと思います。
 私が夕方習い事から帰ってくると母は大急ぎで夕食の支度をしていて、
 夕食時には父にその日の職場の話をしていました。
 母の眉間にはいつもしわが寄っていました。
 この頃のことを母に聞くと「自分でもよくやっていたと思う。4人分生きていたような気がする。」と言います。

 高校・大学・社会人の頃は自分のことに忙しく、母の言うことに耳を傾けていませんでした。
 母は娘が何をしでかすか心配しながらも見守ることにしていたようです。
 この頃母の顔は、いつも困った顔でした。

 私が母が笑うのを見たのは、長男を出産した後のことです。
 当時、私は夫の仕事の都合でジャカルタに駐在しており現地で出産したのですが、
 母は出産直前から2カ月間手伝いに来てくれました。
 成り行きで出産にも立ち会ってくれ、
 退院後は産後の肥立ちが良くなかった私に代わり長男と一緒に寝てくれました。

 夜、長男が乳をほしがって泣くと、母は長男を抱き
 「ママ、ちょーだい!」と言いながら満面の笑みで私の部屋に入ってきました。
 母が子どものセリフを言いながら笑っている姿は、私にとって衝撃的で、
 あのいつも眉間にしわの寄っている母や困った顔の母とは別人のようでした。
 
 元々母は赤ちゃんが大好きで、知り合いの子どもを預かる程でした。
 確かに母は赤ちゃんを見ているときに笑っていたのですが、
 それは私にとって無関係のことだったのかもしれません。
 自分の子どもにその笑顔が向けられたとき、
 母のイメージが初めて困り顔から笑顔に上書きされました。

 今、若葉台に帰ってきて両親の手を借りながら子どもを育てていますが、母は相変わらずよく笑います。
 男児二人に怒ったり呆れたりすることも増えましたが、
 長男の変な踊り、次男のおしゃべり、友達の赤ちゃんを見てニコニコしている母を見ると、
 自分の心が満たされる気持ちになります。

 こんな年になっても、子どもを産んでも、結局は自分の母ちゃんなのか、と自分に呆れてしまうのですが、
 子にとっての母の存在の偉大さを知らされているような気もします。

 いくつになっても母に認められたいというのが子どもの心であり、人の心。
 私は自分の子どもを満たされた気持ちにしてあげられているのかな、と改めて考えさせられるのでした。


----------------------------------------------------------------------
母も使いました。海外行くなら旅の指さし会話帳





 
スポンサーサイト
2015-08-04(Tue)

個人的意見を書くこと

前回、「すごく個人的な意見だけどblogに書かせて!」と宣言して書いた、「これ買って~!」対策

意外にも反響が多くて、嬉しい限りです。
中には「この記事読んで娘への接し方を変えてみたら、うまくいくようになったよ~」と言ってくれるママさんもいて、
生きててよかったと思ったすえきちです。

ということで、調子に乗ってまた書いちゃいます。


本来、「若葉台はweb情報が乏しい!検索しても病院の情報すら出てこない!!」という母たちの嘆きに対応すべく、
とりあえずやったことないけど、なんとかなんべと思ったblogを始めて見たわけです。

なんかblogは簡単っていうし、友達もやってるし、一応パソコン使って仕事してたし、ごにょごにょ と自分を励ましつつ、ここまでやって参りました。

若葉台の子育て情報発信するぞ~!といざ書いてみると、
私の個人的な意見への一番反響が多い。
これ如何に?

ちょっと悩みましたが、多分こんなことだろうと。

若葉台のお母さんたちは商店街を中心に、よく顔を合わせます。
それこそ、1日に3回会ったりするわけです。
自主保育グループの活動も盛んだし、楽しんで子育てしているママさんが多いです。
実際二人目、三人目を産む人も多くて、安心して子育てできている証拠だと思っています。

でも、でもですよ。

毎日顔を合わせていても、あまり立ち入った話はできないんです。
子どもがどっかに行っちゃうし、相手が忙しいかもしれないし、仲良しだからこその遠慮もあるし。

夜子どもが寝た後時間あるよね~、夜お茶でもしたいよね~、などと冗談で話していても実際は電話すら難しい。
そこでlineのグループトークがとてもありがたい存在なわけですが、
(気兼ねなく発信できる、適当に始まり適当に終わる、気分が乗らなければ参加しなくてもいい)
大人数の気軽な集まりで、「自分はこう思う!」という意見発信は中々難しい。


本当は困っていること、ほかの人はどうしてるのかな~って思うこと、中々聞けない環境にあるのがママたち。

だから自分のタイミングで読めて、ある程度纏まった文章があるblogが便利なんですね。
他のママが考えていることをパパッと読んで、そうそう、あるある、と共感できる。
母の会の場合、顔を合わせている関係だからこそ、個人的意見に興味を持ってもらえるのかなあと。

結局、誰かと「そうだよね~」と共感したいんですね。
子育て支援について調べていると、行きつくところは「共感」な気がします。


そんなわけで、実はこんなことで悩んでる話、こんないいことあったよ話も、引き続き発信していこうと決めたのであります。


次回は母と娘の関係について、書いてみようと思います。


----------------------------------------------------------------------------------------
子どものとの接し方、迷ったら勉強してみるのもあり!チャイルドマインダー就転職に強い、資格取得スキルアップ専門校ヒューマンアカデミー







2015-07-28(Tue)

「これ買って~!」対策

若葉台をもっと子育てしやすいまちにしよう!と子育て関連の情報をblogで発信しております。

さて、たまには私がごく個人的に子育てについて思っていることも書きたいと思います。
blogの励みになるので書かせて下さい。興味がない方はすみません。。。飛ばしてください。


我が家の子どもはもうすぐ4歳と2歳の男児二人。
毎日子どもたちのパワーに圧倒され、こんなんでいいのかと思いつつ適当にやっております。

先日プレイパークで小学2年生の女の子に「悩み相談やっています。悩みがあったらこれに書いてください」と、
段ボールの切れ端と油性ペンを渡していただきました。

書きましたよ。



「子どもが言うことを聞きません 36歳 主婦」




えー、何が言いたいかというと、36歳が小学生に相談したいくらい追い詰められるのが、子育てです。
(女の子たちはとても真剣に答えてくれました。前日にスクスク子育てをみたらしいです。)



子どもの心に寄り添って~、とか
子どもの話を聞いて~、とか
わかっちゃいるけど、できないってこと多いですね。


この間わかっちゃいるけどできないことを一つ克服したので、そのことについて書いてみようと思います。


100円ショップの前をほぼ毎日通りかかるのですが、始まるのが「これ買って~」。
ついつい「ダメ!行くよ!」といってしまうわけです。


で、気が付いたんですが、「もしかしてこれって、本気でほしいって言ってるわけではないんじゃない?」

私だって友達と買い物しているときに、
「やだこれ、かわいい~。ほしい~!」を連発している!!


でも実際買わないでしょ?かわいいものがあったよ~!と言いたいだけで。


例えばかわいいぬいぐるみ発見

 私「やだこれ、かわいい~。ほしい~!」(発見の喜びを伝えたい。)
 友「ほんとだー。かわいい~」(共感を示す)
 私「かわいいよね~。買っちゃおうかな~」(共感を得た喜び。再び共感を求める)
 友「えー、買っちゃう~?」(再度、共感を示す)
 私「ねー、かわいかったねー。さ、いこっか。」(共感を確認して満足。)


これがもしも、ですよ。

 私「やだこれ、かわいい~。ほしい~!」
 友「買うの?」
 私「。。。買わないけど・・・。」

となったらモヤモヤしますね。



もしかして、子どもたちも同じなのでは?と思ったんです。


子どもの期待する反応

 子「ママ~。おお~、しゅごい(すごい)!」(発見の喜び。)
 母「あー、ほんとだー。かっこいいの見つけたね~」(共感を示す)
 子「(でしょー。すごいでしょー。)ニコニコ」(共感を得て満足)


これが、

 子「ママ~。おお~、しゅごい!」
 母「ダメ。買わないよ。行くよ」
 子「(え、すごいでしょ?ママちゃんと見た?かっこいいよ?ねえねえ、行かないでよ)びえ~~~~~~~」




Oh...

なんか、ごめん。。。




それでなるべく「かっこいいね~。ほしいねえ~。」と共感してから「じゃ、行こうか~」と言うようにしたら、
割とすんなりついて来るようになりました。



ただし、ただしですよ。

「お菓子おもちゃほしい」=「ダメ」の呪縛を解くのは簡単ではなかったです。

もうね、口から「ダメ」が出てきちゃうんですよ、脊髄反射的に。

それでどうしたかというと、すごく意識して「そうだね~」を言う練習をしました。
2日か3日位したら、自然に「そうだね~」が出てくるようになりました。



で、わかったことは、「わかっかちゃいるけどできないこと」は
頭じゃなくて体が反応するまで練習する必要があるってことでした。
育児本をたくさん読むより、一つ意識して実践する方が役に立つのかも。



「お菓子おもちゃほしい」=「ダメ」を
「お菓子おもちゃほしい」=「そうだね~、ほしいねえ~」にする練習。
お試しあれ~。






チャイルドコーチング、本格的にやってみようかな。

おススメの通信講座が1万円割引

チャイルドコーチングアドバイザー認定講座はキャリアカレッジジャパン








プロフィール

すえきち

Author:すえきち
こんにちは。
若葉台子育て母の会です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。